友禅工房 文庵 studio-mon-an

2020-07-07

加賀友禅工程 Kagayuzen Process  太田正伸(昌伸)の仕事

【加賀友禅製作工程】当工房での加賀友禅は、どの様に作られているのか工程を追いながら紹介していきます。

【スケッチ&構成】

スケッチを元に、イメージや感じた事を想いながら、いろいろなデザイン構成を考えます。

 

【構成&下図完成まで】

何度も構成し描く題材が決定したら雛形をつくりイメージを確認します。その後、実寸サイズで仮下図を描き細部を調整します。清書をして本下図の完成です。

 

【下絵】

オオホウシバナの花を絞り、汁を和紙に浸み込ませ乾燥させたものを「青花」(あおばな)と言い下絵に使います。ガラス机の下からライトをあて、面相筆を使い、程よい濃さで滲みのない線を描きます。下絵の技術習得期間は、約1ヶ月〜3ヶ月ほど。

⭐️下絵動画

https://youtu.be/0I6cRx3BZMY

 

【糊置き】

「友禅とは糊を置き防染する技法の一つ」一般的に「糸目(いとめ)を引く、といいます。当工房では、でんぷん質の「もち糊」と化学性の「ゴム糊」を使い分けております。もち糊は柿渋筒、ゴム糊はセロハン筒で、筒の先に「先金」(さきがね)を装着して、親指と人差指で絞り出しながら引きます。

⭐️糊置き動画

https://youtu.be/IezdS8y9wBw

糸目を引き終えると「地入れ」・「青花落とし」をして糊置きの完成です。地入れは糊を生地に食い込ませ防染力を上げるためにします。この時、青花が消えて無くなります。糊置きの技術習得期間は約3年〜5年ほど。

 

【彩色】

いよいよ彩色です。加賀友禅は「花鳥や風景」など「加賀五彩」・「虫食い」・「外ボカシ」などの特徴が一般的です。当工房では、その特徴に囚われず、いかに感じたものを、どの様に表現するか、色合いやデザインも含め作家独自の表現や雰囲気を大切にしています。

彩色机は穴が空いており、下から熱をあて乾かしながら彩色をします。冬は暖かいけど、夏は暑い!彩色筆や刷毛は色により使い分け、主に片刷毛(片方が長くなっている)を使いボカシをします。

⭐️彩色動画

https://youtu.be/PJNeC9PriDA

●加賀友禅とは?  http://studio-mon-an.com/koubou/2114.html

彩色は糸目の半分まで塗る気持ちで「透かさず、はみ出さず」が基本です。一つ一つ丁寧な仕事の積み重ねが作品となっていきます。彩色の技術習得は約3年〜5年ほど。

  画像 Coming Soon!

 

【仮蒸し・中埋め】Coming Soon!

【地洗い・引染め(地染)】Coming Soon!

【本蒸し・ゆのし】Coming Soon!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

⭐️小物WEB販売

https://mon-an.stores.jp/

⭐️フェイスブック

https://www.facebook.com/kagayuzen.ota.masanobu

⭐️インスタグラム

https://www.instagram.com/masanobu_oota/?hl=ja

⭐️TV 

にっぽん真発見 BSテレ東 2015年4月 5日放送

https://www.bs-tvtokyo.co.jp/newdiscovery/150405.html

遠くへ行きたい      2016年4月17日放送

http://www.to-ku.com/midokoro/2303.htm

http://www.to-ku.com/data/data.htm

 

 

 

2020-07-04

加賀友禅 KAGAYUZEN「友禅とは?」歴史から新しい加賀友禅まで

【友禅】とは?

布に模様を染める技法の一つで、もち米の防染糊(でんぷん糊)を用い手描きで染めたもの。華やかな草花文様をイメージされる方が多いのですが、染める技法、染め方を意味します。

【日本三大友禅】

主な友禅の産地として金沢(加賀)、京都(京)、東京(江戸)があり、繊細な糊置きの技法(友禅)と多彩華麗な絵文様が特色です。

加賀友禅・・・「優美」武家文化を背景とした写実的な絵画調。加賀五彩(藍、燕脂、黄 土、草、古代紫)を基調とし紅系統を生かした多彩調。虫食いの特徴のあるもの。作家制度があり、スケッチを元に構成など作家独自のオリジナルデザインが本来の姿。

京友禅・・・・「雅」公家文化を背景に有職文様、御所解文様など古典文様を構成する。金箔、刺繍などの装飾がある。

江戸友禅・・・「粋」大名から裕福な町方子女まで、お誂えとして独自のデザインを注文。洒落た粋なキモノがはやり、有職文様や写実柄など幅広く、自由奔放に発展。

 

歴史:加賀絹、梅染、色絵紋(加賀紋)

10世紀   平安時代、朝廷の記録に「加賀は絹の産出国」と記さる。

1464年  室町時代には加賀染として「梅染め:赤き色に黄味のある色、無地染」と染めた記録がある。

1644年〜 正保年間(江戸時代の初期)色絵紋(加賀紋)が始められ1700年頃には完成していた。

1700年〜 江戸時代中期、宮崎友禅斎が友禅技法を確立し、広める。

 

●色絵紋(加賀紋) 染料の滲みを防ぐための糊の進歩が繊細な加賀友禅を生んだとも言われています。

宮崎友禅斎

1700年前後(元禄年間)に京都の知恩院前に住んでいた事は分かっていますが、出生地については金沢とも京都とも、あるいは能登(穴水)とも言われています。京で活躍したのちに金沢へ移り友禅の技法を広めました。元文元年(1736年)83歳で没。大正9年(1920年)に金沢の龍国寺で友禅斎の供養塔が発見され晩年を金沢で過ごした事がほぼ確実となっています。

・・・宮崎友禅斎坐像・・・

その後、加賀独自で発展した「お国染め」は、武士や町人の日常着や暖簾、夜着、風呂敷などに染められ、明治、大正、昭和へと手描き友禅の技術と伝統が継承されてきました。

【金沢が生んだ人間国宝 木村雨山・二塚長生】

昭和30年(1955年)には故・木村雨山先生が重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され加賀友禅の知名度もさらにアップしました。金沢では雨山先生以来55年ぶりに平成22年(2010年)二塚長生先生が重要無形文化財保持者に認定され現代の友禅美を追求しておられます。2018年石川県立美術館で開催された【「森羅万象をまとう」木村雨山・二塚長生の仕事】は記憶に新しく、加賀友禅の本質を見た様で感慨深いものがありました。


スケッチから、その感動を表現するために構成し製作された着物。素敵です!

石川県立美術館 http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/exhibition/4985/

 

新しい加賀友禅現代に合う加賀友禅の挑戦

着物ファンの方々と意見交換をして、提案を取り入れつつも作家独自の加賀友禅を製作しました。題材は、普段加賀友禅では取り入れないような「ケーキなどスィーツ」から、「雪の結晶、植物」など・・・古典柄ではなく、現代の生活様式に合うようなお洒落な提案です。

「sweets」  佐藤賢一 作

「雫」   山田武志 作

「雪の華」  鶴見晋史 作

「つづまやか」 太田正伸 作

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

太田正伸 masanobu oota  リンク

⭐️フェイスブック

https://www.facebook.com/kagayuzen.ota.masanobu

⭐️インスタグラム

https://www.instagram.com/masanobu_oota/?hl=ja

⭐️小物WEB販売

https://mon-an.stores.jp

⭐️取材関連記事

http://studio-mon-an.com/koubou/2103.html

⭐️太田正伸の仕事

http://studio-mon-an.com/koubou/2147.html

 

 

 

 

2020-06-19

加賀友禅 取材記事関連

【JIZAI】:https://jiz.ai/interviews/_015_/all

【HAND】:https://bonno-web.com/machineta/3478/

【HONDA】:https://www.honda.co.jp/N/voice/03/

【清雅堂】:https://seigado.co.jp/items/board_02/cont_01.php

 

2020-06-18

にっぽん真発見 BSテレ東 2015年4月5日放送

新幹線開業に沸く石川県  https://www.bs-tvtokyo.co.jp/newdiscovery/150405.html

MC:三宅裕司さん      アシスタント:須黒清華さん    ゲスト:草野満代さん   

リポーター:清水宏保さん

 

2020-04-29

ウクライナ文化省より表彰

http://www.piow.jp

イマジン・ワン・ワールド キモノプロジェクトにてウクライナの振袖を製作した事により、イマジンの高倉さん、スポンサーの井出さんと共に文化省より表彰されました。 さらに日本とウクライナの交流が深まることを楽しみにしています。(ウクライナ日本大使館にて)

2017-06-07

加賀友禅 WEBショップ mon-an-STORE 開設

文庵 mon-an-STORE       http://mon-an.stores.jp

「金箔風ひさごコースターセット」

「加賀友禅文様手鞠コースター」

「加賀友禅文様ぽち袋」

お買い上げ合計5,000円以上送料無料

ホームページ「小物」にもリンクしております。

 

2012-06-18

「となりのテレ金ちゃん」にて父の日プレゼントに「手描き友禅名刺入れ」紹介。

北村アナウンサーから取材の連絡がありました。 今期の石川デザインセンターの選定商品カタログをみて来られたとのこと。嬉しかったですね~。 取材も順調に終えた後、北村さんが名刺入れを購入されました。父、母にプレゼントだそうです。親孝行なシッカリとした可愛い娘さんです。

手描き友禅名刺入れ

2012-03-18

MRO「レオすた」工芸スニーカー展で生出演。

https://youtu.be/ACJE_mkXuSI

 

工芸スニーカー

リハーサルからスタジオ入りして、出番までスタジオ内で待機。 レオさんと前原さんのアナウンスを目の前で聞きました。さすがプロ!聴き惚れました。